SuperSmile Tanaka Orthodontic Office田中矯正歯科クリニック
矯正・歯並びの治療

歯に関するお悩みをお気軽にご相談下さい。
矯正したいけれど費用や時間が気になる…。相談するだけでも料金がかかるのでは?などといろいろわからない事も多いですよね。
当院はカウンセリング無料!患者様のどのようなお悩みにも、丁寧に時間をかけてお応えいたします。機能回復と審美性、両面からのアプローチで専門医ならではのアドバイスをいたしますので、どうぞご安心して何でもご相談ください。

矯正治療の目標は、不自然な位置にある歯や顎を整え、健康な咬み合わせや美しい歯並びを作り出すことです。歯並びが良くなると、物をしっかりと咬むことができ、歯磨きもきれいにできるので、口の中の健康はもとより、消化を助けて体全体の健康にも良い結果をもたらします。
きれいに並んだ白い歯で、健康と自信にみちた明るい笑顔(スマイル〉、それが矯正治療の大きな役剤です。

また、噛み合わせの悪さ(不正咬合といいます)は、口元のコンプレックスによる精神面への影響だけでなく、下記のようにさまざまな弊害を生み出す原因にもなります。

■虫歯や歯周病になりやすい
歯が重なっている部分は十分に歯磨きをしにくいため、プラーク・歯石が付着しやすく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
■十分に噛みにくい
正しく噛むことが難しいため、よく噛まずに飲む込む癖ができやすいです。そうなると、胃腸に大きな負担を与えてしまいます。
■顎の成長、顔の形に影響する
顎の骨や顔の筋肉は、正しく噛むことで発達します。正しく噛むことができないと、顎が未発達になり、それが噛み合わせを更に悪くしていく、悪循環に陥ります。
顎の形の悪さは、歪みとなって、顔に表れます。矯正で咬合を正しくすることは、歪んだフェイスラインを整えることにもつながります。
■肩こりや筋肉痛になりやすい
噛み合わせが悪いと、偏った噛み癖がつきます。噛む筋肉は、首や肩の筋肉と連動していますので、適正に筋肉が使われていないと、片方の筋肉が硬直し、顔の歪みの原因となるだけでなく、血管や神経が圧迫されます。それによって肩や首のこり、偏頭痛、目の疲れなどの、さまざまな不快な症状が出てくる場合があります。
■顎関節症になりやすい
噛み合わせの悪さからくる、顔や体の歪み、神経の圧迫、歯並びの悪さに対するコンプレックスなどは、ストレスの原因につながります。
ストレスなどによる、就寝時の無意識の食いしばりや歯軋りや、不正な歯並びによる偏った筋肉の使い方で、アゴの関節に無理な力を加えてしまうと、関節と頭の骨の間に介在する、クッションの役目をする組織(関節円板)がずれてしまいます。
そうすると、何となくアゴの開け閉めの時に引っ掛かるとか、ガクガクと音がするというった症状があらわれます。
それは、最近 子どもや女性に増えている、顎関節症(がくかんせつしょう)という現代病の一種です。
顎関節症が進行すると、突然痛みを伴う、お口が極端に開きにくくなうなどの症状が現れ、更にひどくなると、お口が開かなくなる方もいらっしゃいます。また、偏頭痛などの不定症状に悩まされてしまう場合もあります。
さらに詳しくお知りになりたい方は、矯正歯科Q&Aをご参考ください。